ページの先頭です

おまとめローンとは?

おまとめローンとは?

複数のカードローンやキャッシングを同時に利用した場合、それぞれの金融機関に対して返済が必要となります。1社あたりの支払額が少額でも、合計の支払額はとても大きくなる場合もあります。また、金融機関によって返済日が異なる場合は、返済忘れが発生しやすくなるおそれもあります。
そこで活用したいのが、借入先をひとつの金融機関にまとめる「おまとめローン」です。ここでは、おまとめローンの概要のほか、メリット・デメリットを解説します。

複数の借り入れをひとつにまとめるおまとめローン

複数の借り入れをひとつにまとめるおまとめローン

おまとめローンの「おまとめ」とは、複数の借り入れを、いまの借り入れ融資利率(金利)よりも低い金利で新たな借り入れを行い、返済先を1社にまとめることを意味します。
より金利の低い金融機関に返済先をまとめることで、返済の負担を大きく軽減することが可能になります。

例を挙げると、A社(金利15%)から50万円、B社(金利18%)から25万円、C社(金利18%)から25万円、合計100万円借り入れていたとします。これら100万円分の借り入れを、金利12.5%のD社に一本化するというイメージです。

おまとめローンのメリット

おまとめローンのメリット

おまとめローンを利用するメリットは、どこにあるのでしょうか。具体的なメリットをご紹介します。

返済の負担が軽減できる

複数の金融機関に借り入れたお金を返済する場合、返済日がバラバラで、振り込みを忘れてしまうというリスクが考えられます。また、何度もATMなどに足を運んで返済するというのは、手間がかかります。返済先を一本化すると、毎月の返済日が特定の1日に限定されるため、返済手続きを忘れにくくなり、返済の手間も軽減されます。

多重債務状態から抜け出せる

金融機関からの借り入れ状況は、信用情報機関に情報が記録されます。この情報は、金融機関が融資を行うかどうかの重要な判断材料となります。
複数の金融機関から借り入れを行うと、いわゆる多重債務状態となります。多重債務状態が必ずしも悪い影響を及ぼすわけではありませんが、金融機関によっては、新しいカードローンやクレジットカードなどの審査に影響してしまう可能性もあります。
おまとめローンを利用すると、個人信用情報機関において、1社のみから借り入れている状態と記録され、多重債務状態から抜け出せることになります。

おまとめローンのデメリット

メリットを知ることはもちろん、デメリットを把握することも大切です。続いては、おまとめローンのデメリットについて解説します。

追加で借り入れできない金融商品がある

おまとめローンの商品によっては、返済に特化しており、追加で借り入れができないというものがあります。急な出費が必要になった場合、新たなカードローンやキャッシングを使ってしまうと、返済すべき金融機関が増えてしまいます。そうなると、おまとめローンを利用した意味がなくなってしまいます。
今後、追加の借り入れが発生する可能性がある方は、返済に特化したおまとめローンではなく、追加融資にも対応できる商品を利用するといいでしょう。

審査について気を付けておくこと

審査に通らない場合があること

おまとめローンを利用するには、融資する金融機関の審査に通過する必要があります。
過去の返済で何度も遅延してしまっていたり、定期的な収入が見込めない状況であったりすると、審査に通過できずおまとめローンが利用できない可能性があります。
おまとめローンの審査に申し込む際は、虚偽の申告はせず、必ず正しい情報を記載するようにしましょう。

借り入れによる利用可能額が高くなると審査に通りにくくなること

おまとめローンでは、複数のカードローンの借入金額をまとめることになるため、ご利用可能枠(借入限度額)が通常の借り入れ以上に高くなる傾向があります。審査のハードルが高くなる可能性があるため、契約を検討しているおまとめローンの審査基準を、事前に確認することをおすすめします。

複数申し込みによる影響があること

複数のカードローンに申し込んでいるからといって、必ず審査に影響するというわけではありません。
ただし、その数が多すぎると、審査に何らかの影響を与える可能性があります。

また、複数申し込みは、総量規制の抵触についても懸念されてしまいます。総量規制とは、貸金業法によって定められたルールで、貸金業者が貸し付けられるお金の総額は「年収の3分の1」までとなっています。つまり、年収が300万円の人の場合は、すべての会社から総額で100万円までしか借りられないということです。

複数同時申し込みをしている人を審査に通した場合、総量規制を超えた貸し付けを行うリスクが高まります。そのため、カードローンに複数同時申し込みしている人の審査は慎重にならざるをえないのです。

おまとめローン目的でキャッシングは利用できるか

キャッシングをおまとめローンとして利用することができます。ただし、おまとめローン目的であったとしても、キャッシングができるかどうかは、現在の借り入れの状況によって異なります。

総量規制に該当する場合

総量規制とは、貸金業法によって定められたルールで、貸金業者が貸し付けられるお金の総額は「年収の3分の1」までとなっています。そのため、すでに年収の3分の1を超える借入残高がある方は、JCBのキャッシングサービスを含む、貸金業者のキャッシングを利用して、ローンをまとめることができません。

総量規制に該当しない場合

総量規制に該当しない場合は、キャッシングでおまとめすることが可能です。
JCBでは、キャッシング専用のカードローン「FAITH」をご用意しています。キャッシングを利用したおまとめローンを希望されるお客様は、年利4.40~12.50%(※)のカードローン「FAITH」の活用をご検討ください。

FAITHのお申し込みはこちら

  • 設定されたご利用可能枠(借入限度額)に応じて適用される金利が異なります。

おまとめローンの具体的な返済例

おまとめローンを利用すると、具体的にどの程度返済の負担を軽減できるのでしょうか。例を挙げて、シミュレーションしてみました。

A社:50万円(毎月の返済金額が2万円)
B社:25万円(毎月の返済金額1万円)
C社:25万円(毎月の返済金額2万円)
合計:100万円(毎月の返済金額:3社合計5万円)

ここでおまとめローンを利用し、D社に借り入れを一本化し、返済金額を毎月2万円に設定すると、毎月の返済金額が3万円も圧縮できるのです。
ただし、毎月の返済金額を減らすと返済期間が延びることになるため、ローンをまとめる前より利息の支払総額が多くなってしまう可能性があります。毎月返済できる金額と利息の支払総額のバランスを考慮するようにしましょう。

カードローンはローンのおまとめとしても利用可能

JCBのカードローン「FAITH」の詳細はこちら

  • ご利用可能枠(限度額)は最大500万円
    ご利用可能枠(限度額)は審査によって決まります。
  • 融資利率(金利)は4.40~12.50%
    JCBクレジットカードのキャッシングリボ払いの場合の金利は15.00~18.00%なので、カードローン「FAITH」を利用することで、おトクな金利で借り入れが可能になります。
  • 5万円以内のキャッシング1回払いは金利5.00%
    5万円以内であればキャッシング1回払いを金利5.00%という低金利(当社比)で利用できます。
  • 全国15万台以上のCD・コンビニATMで利用可能
    お近くのコンビニや銀行でカードローンを利用できるので、全国どこでも使えて便利です。
  • 家族や同僚に知られる心配不要
    お申し込みのサービス内容をご本人以外にお伝えすることはありません。
    また、お勤め先に確認のお電話をする場合も「株式会社ジェーシービー」として連絡し、要件をご本人以外にお伝えすることはありません。
  • ローンのおまとめにも有効
    複数社から借り入れをしている場合、まとめて一本化することで、返済の負担を減らすことができます。

おまとめローンを有効活用しよう

複数の金融先への返済に困っている方にとって、おまとめローンは便利なものです。
返済の管理に手間がかかっていたり、毎月の返済額に悩まされたりしている方は、ぜひJCBが提供するカードローン「FAITH」でのおまとめをご検討ください。おまとめローンを有効活用して、効率的に返済していきましょう。

キャッシングサービスのご利用条件はこちら

この質問に関連するカード

信頼のカードローン「FAITH」

信頼のカードローン「FAITH」

  • 年利4.40~12.50%の低金利(当社比)設定
  • 借入限度額は最大500万円
  • WEBで申し込み完結
  • 最短即日審査完了
  • 手数料無料で全国15万台以上のCD・コンビニATMを利用可能
ページの先頭へ