ページの先頭です
×

カードを比較する

カード

年会費(税別)

ポイント

旅行障害保険
(死亡・後遺症害の場合)

国内・海外航空機遅延保険

ショッピングガード保険

ライフアクシデントケア

トラベル

実施中のキャンペーン

追加カード

お申し込み対象(本会員)

クレジットカードは学生でも持てる!?おすすめカードの種類と選び方

クレジットカードは学生でも持てる!?おすすめカードの種類と選び方

キャッシュレスの普及とともに、学生でも持てるクレジットカードが増えてきました。若いうちからクレジットカードを持つことに抵抗を感じる人もいるかもしれませんが、メリットは数多くあります。
ここでは、学生でも持てるクレジットカードの種類と特徴のほか、カード選びのポイントやおすすめのカードについて紹介しましょう。

目次

  1. 学生がクレジットカードを持つメリットとは?
  2. 学生がクレジットカードを持つきっかけは?
  3. 学生向けのクレジットカードを選ぶ基準は?
  4. JCBおすすめの学生向けクレジットカード
  5. 初めてのクレジットカードでキャッシュレスライフの第一歩を踏み出そう

おすすめのクレジットカードはこちら!

いつでもポイント2倍以上・年会費永年無料・39歳以下WEB入会限定のクレジットカード!

JCB カード W、JCB カード W Plus Lの詳細を今すぐチェック!

詳細・お申し込みはこちら

学生がクレジットカードを持つメリットとは?

クレジットカードの申し込み条件のひとつに「18歳以上」という年齢制限があります。以前は18歳以上であっても、「安定収入がない」という理由から、基本的に学生は申し込み対象とされていなかった時期もあります。しかし現在では大学生・短大生・専門学校生でも申し込めるクレジットカードが各カード会社から発行されています。

そもそも高額な買い物をすることが少ない学生のうちは、クレジットカードを持つ必要性は高くないと考える人もいるでしょう。しかしクレジットカードを持つことで、実はさまざまなメリットが生まれるのです。ここでは、学生がクレジットカードを持つメリットを紹介しましょう。

キャッシュレス社会に対応できる

電子マネーやスマホ決済など、ここ数年でキャッシュレス決済が急速に普及しています。2019年10月の消費増税に合わせて実施された「キャッシュレス・ポイント還元事業」によって、キャッシュレス決済は、さらに加速したようにも見えます。また、日本は諸外国に比べてキャッシュレス決済の普及が遅れていることから、政府はいま以上にさまざまな施策でキャッシュレスを推進していくと考えられます。

2017年5月に経済産業省が公表した「FinTechビジョン」によると、2017年時点でのクレジットカードの利用比率はキャッシュレス全体の約90%を占めています。つまり、クレジットカードは数あるキャッシュレス決済のなかで最も多く使われており、クレジットカードを持つということは、これから進展していくキャッシュレス社会に、早期に対応できるといえます。

お金の管理の仕方や使い方を学べる

意外と気づかないメリットが、クレジットカードを持つことでお金の管理の仕方、使い方を学べるということです。学生でも社会人でも、日々の生活には何かとお金が必要です。しかし、現金払いの場合、何にいくら使ったかを覚えておくのは難しいでしょう。家計簿をつけていれば把握できますが、お金の管理にそこまでの手間をかける学生はごくわずかで、現実的には手持ちの現金でやりくりし、足りなくなればATMから現金を引き出す人が大多数ではないでしょうか。

しかしクレジットカードを使うと、利用履歴がすべて残ります。「いつ」「どこで」「何を」買ったのか、スマートフォンで詳細に確認することもできます。自分のお金の使い方に気づくことができれば、「少し引き締めよう」という気持ちになるでしょう。
また、支払い日にいくら引き落とされるのかが事前にわかるので、「今月の支払いはこれだけだから、あといくら使っても大丈夫だな」というように、計画性のあるお金の使い方ができます。こうした習慣を学生のうちに身につけておくと、社会に出てから大いに役立つはずです。

利用額に応じたポイントがたまる

クレジットカードは、利用額に応じてポイントが加算されていきます。例えば、還元率0.5%のカードなら1,000円の利用で5円分のポイント。5,000円使えば25円分のポイントが加算されます。たまったポイントはカード会社によりますが、商品券などと交換できます。
「1,000円使って5円では、たいしたメリットではない」と思うかもしれません。しかし、カード会社はそれぞれ独自のポイントシステムを用意していますし、利用ポイントが2倍になるカードや、インターネットショッピングでボーナスポイントが追加される仕組みなど、さまざまなポイント特典があります。これらのシステムを上手に活用すれば、獲得できる合計ポイントはかなり大きくなるでしょう。
いずれにせよ、現金は支払えばそれで終わりですが、カード払いの場合はポイントというプラスアルファがついてくるのですから、クレジットカードならではのメリットでしょう。

学生がクレジットカードを持つきっかけは?

クレジットカードが持つさまざまなメリットとは別に、学生であってもクレジットカードの必要性を強く感じる場面があります。そのひとつは旅行で、もうひとつが一人暮らしを始めるときです。
それぞれ、なぜクレジットカードが必要になるのかを見ていきましょう。

旅行中の現金持ち歩きが不安

現金を持って旅行する場合、いつでも盗難などの心配をしなければいけませんし、現金が足りなくなればATMを探すことになります。そこで、現金の代わりにクレジットカードを作る人もいます。旅行中は、財布をなくしてしまったり、慣れない土地で盗難にあってしまったりすることもありますので、多額の現金を持ち歩くのは心配です。しかしクレジットカードであれば、紛失した場合カード会社に連絡すれば、一時的にカード利用を止めることで損害を防げます。

もちろん、現金払いが必要なケースはありますが、大抵の宿泊施設ではカード払いが可能ですし、観光地ならば一般の商店やレストランでもクレジットカード払いができることが多いでしょう。ですから、クレジットカードを持っていれば、支払いで現金が足りない場合などに、ATMを探す手間もありません。
さらに、クレジットカードによっては、全国のホテルや旅館の優待プランが設定されています。そうしたプランを活用すれば、より充実した旅を楽しめるでしょう。

海外旅行をすることになった

卒業旅行に海外を選んだ場合、クレジットカードは不可欠といえます。例えばホテルでは、チェックインの際にクレジットカードの提示を求められる場合もあります。これは、本人に支払い能力があるかどうかをチェックするためです。クレジットカードの提示がない場合、「デポジット」という宿泊保証金を要求される場合があります。日本ではなじみの薄いケースなので、クレジットカードを作るきっかけとなる人もいるでしょう。デポジットはチェックアウト時に精算されますが、宿泊費に相当する程度の現金を預けなければいけません。
また、レンタカーを借りるときも同様で、クレジットカードの提示がないと保証金を要求されることがあり、手続きが面倒です。また、クレジットカードなら現地通貨に両替する必要がありませんので、手間がかからないだけでなく、為替手数料も不要です。

旅行先にもよりますが、海外はカード社会です。レストランやショップはもちろん、街中の屋台のようなお店でもカード払いが可能である場合が多くあります。せっかくの旅行を存分に楽しむためにも、出発前にクレジットカードを作っておくといいでしょう。

一人暮らしを始めた

大学進学とともに、親元を離れて一人暮らしを始める人も多いのではないでしょうか。実は一人暮らしをする人こそ、クレジットカードのメリットを活かせるのです。
例えば、新たに家具を揃えたり、引越し業者を手配したりと、一人暮らしは準備段階からお金がかかりますが、クレジットカードを活用すればポイントがたまります。
また、一人暮らしではこれまで意識しなかった公共料金などの支払いや、食料や衣類の購入など、あらゆる部分でクレジットカードの利用機会があります。これらを上手に利用すれば、賢くポイントをためることができるのです。

学生向けのクレジットカードを選ぶ基準は?

学生でも申し込みができるクレジットカードは、一般カードほど種類は多くありませんが、それでも選ぶのに迷ってしまうでしょう。そこで、どのような基準でクレジットカードを選ぶべきかご紹介します。

年会費はいくらか?

クレジットカードの年会費は、サービスの内容に合わせて金額が異なる傾向があります。社会人の場合、できるだけいいサービスを求めたいところですが、学生の場合そこまで多くのサービスを必要としないことがほとんどです。そのため、経済的にまだ十分ではない学生向けのクレジットカードは、その多くが年会費無料となっています。ただし、継続的に無料である場合だけでなく、「在学中に限り無料」などの条件が設定されていることもあります。また、途中解約の場合に「カード発行手数料」などがかかる場合もありますので、注意が必要です。

ポイントプログラムを見比べる

クレジットカードの利用額に応じて加算されるポイントは、大きな魅力です。せっかくクレジットカードを作るのですから、少しでも多くのポイントが還元されるカードを選びましょう。

ポイントプログラムの内容は、カード会社やカードの種類によって異なります。基本的には「いくら利用すると何ポイント加算されるか」という、ポイント還元率を比較します。ですが、通常のポイント還元率が低くても、ネットショッピング限定で数倍のポイントを得られたり、特定の店舗でポイントが優遇されたりといったサービスもあります。ポイント還元率だけにとらわれず、プログラムの内容をじっくり検討して判断しましょう。

特典も確認しておこう

クレジットカードには、さまざまな特典が用意されています。例えば、旅行中の事故やケガ、病気の治療費等を補償してくれる旅行傷害保険のほか、クレジットカードで購入した品物が破損したり、盗難に遭ったりしたときにカバーしてくれるショッピングガード保険があります。
ほかにも、特定のホテルやレストランで優待サービスを受けられるものや、特定のショップを割引価格で利用できるもの、使うたびにマイルがたまっていくものなど、多種多様です。それらのカード特典のうち、どれかひとつでも気になるものがあれば、そのクレジットカードは検討候補に挙げておくべきでしょう。

ライフスタイルに合っているか?

クレジットカードを選ぶ際は、「自分のライフスタイルに合っているかどうか」を見極めることが重要です。それには、クレジットカードを使って「何をしたいか」「どのようなシーンで使いたいか」を考えましょう。
「コンビニやスーパーでの日常の買い物」「電気代や水道代などの生活費の引き落とし」「ネットショッピングの支払い」「卒業旅行中の支払い」など、クレジットカードを必要とする目的が明確であれば選ぶべきカードも決まってきます。

JCBおすすめの学生向けクレジットカード

JCBおすすめの学生向けクレジットカード

ここでは、数あるJCBカードの中から学生におすすめのクレジットカードをご紹介します。いずれも18歳以上の大学生・専門学校生・短大生ならば、お申し込みできます。

ポイント還元率が高い年会費無料のカード

JCBでは、年会費無料のクレジットカードを提携カードも含めて数種類用意していますが、中でもポイント還元率が高く、学生生活に適した4種のカードがおすすめです。それぞれの特徴を簡単にご紹介しましょう。

・JCB カード W/JCB カード W plus L

JCB カード W/JCB カード W plus L

39歳以下の方のみ申し込みが可能な、JCB カード WとJCB カード W plus Lは、年会費は永続的に無料でポイントは常に2倍です。また時期によっては、期間中の入会・利用で、ギフトカードのプレゼントやポイント倍率アップの特典もあります。JCB カード W plus Lを持っていると、「キレイ」をサポートする最新情報をお届けするLINDAサイトで、豪華プレゼントにご応募が可能です。また、JCB カード W plus L会員専用の女性向け保険「plus L 限定 女性疾病保険」にも、加入できます。

・ANA To Me CARD PASMO JCB (ソラチカカード)

ANA To Me CARD PASMO JCB (ソラチカカード)

ANAと東京メトロ、JCBの3社が提携して発行しているソラチカカードは、ANAおよび提携航空会社便の利用でマイルがたまり、東京メトロの乗車や電子マネーのご利用で(※)メトロポイントがたまります。定期券として使うこともでき、マイルとメトロポイントの相互交換も可能です。空と地下で活躍するクレジットカードといえます。なお、最高1,000万円の海外旅行傷害保険が付帯しています。

  • 要事前登録/定期券区間外

マイルがたまる航空会社提携カード

空の旅を存分に楽しみたい人には、航空会社提携のクレジットカードがおすすめです。

・ANA JCBカード(学生用)

ANA JCBカード(学生用)

「ANA JCBカード(学生用)」は、18歳以上の学生向けクレジットカードで、年会費は在学期間中無料です。ANAおよび提携航空会社便を利用するたびにマイルがたまります。継続ボーナスマイルや卒業ボーナスマイルといった特典も魅力です。
また、最高1,000万円の海外旅行傷害保険が付帯します。Edy機能を搭載しており、日常のショッピングでも便利に利用できます。

・JALカード navi

JALカード navi

「JALカード navi」は、18歳以上の学生向けクレジットカードで、年会費は在学期間中無料です。JALグループ便の利用でボーナスマイル、国内外でのカード利用でショッピングマイルがたまります。
ためたマイルの有効期限は、在学中無期限です。最高1,000万円までの国内外旅行傷害保険が付帯します。

初めてのクレジットカードでキャッシュレスライフの第一歩を踏み出そう

学生向けのクレジットカードは意外と多く、しかも学生のニーズに合った特典やメリットが用意されています。ただし、クレジットカードは、くれぐれも計画的に利用しましょう。
なお、未成年の場合、申し込みの際には保護者の同意が必要になることもあります。自分に合ったクレジットカードを手にして、キャッシュレスライフの第一歩を踏み出してください。

この記事に関連するカード

WEB入会限定の年会費無料カード「JCB カード W / JCB カード W plus L」

< >
JCB カード W

・ポイントは常に2倍以上の高還元率を実現!
・インターネットショッピングでは、最大20倍のポイント付与!
・年会費は39歳以下ならずっと無料!
・顧客満足度No.1の評価を獲得!

JCB カード W plus L

・ポイントは常に2倍以上の高還元率を実現!
・インターネットショッピングでは、最大20倍のポイント付与!
・年会費は39歳以下ならずっと無料!
・顧客満足度No.1の評価を獲得!

ページの先頭へ