ページの先頭です
×

カードを比較する

カード

年会費(税別)

ポイント

旅行障害保険
(死亡・後遺症害の場合)

国内・海外航空機遅延保険

ショッピングガード保険

ライフアクシデントケア

トラベル

実施中のキャンペーン

追加カード

お申し込み対象(本会員)

自分に合った最適なクレジットカードは?
クレジットカードの種類やおすすめのカードを徹底解説

自分に合った最適なクレジットカードは?クレジットカードの種類やおすすめを徹底解説

クレジットカードの選び方として、「自分に合ったクレジットカードを選ぶ」とよくいわれています。しかし、多種多様なクレジットカードのなかから、「これ」という1枚を選び出すのは難しいことかもしれません。
いざ選ぶとなると、ほかにも「年会費は?」「利用可能枠は?」など、さまざまなことが気になるのではないでしょうか。

そこで、クレジットカードの種類や、それぞれの特徴、選ぶときの注意点、申し込み方法、おすすめのクレジットカードについて解説します。最適な1枚を選ぶ参考にしてください。

目次

  1. おすすめのクレジットカードはこちら!
  2. クレジットカードとは?
  3. クレジットカードの種類を知ろう
  4. クレジットカード選びのポイント
  5. クレジットカードの申し込み方法
  6. JCBでおすすめのクレジットカード
  7. 自分のライフスタイルに合ったクレジットカードを見つけよう
  8. クレジットカードとセキュリティー

おすすめのクレジットカードはこちら!

いつでもポイント2倍以上・年会費永年無料・39歳以下WEB入会限定のクレジットカード!

JCB カード W、JCB カード W Plus Lの詳細を今すぐチェック!

詳細・お申し込みはこちら

クレジットカードとは?

クレジットカードとは、商品などを購入する際に手持ちの現金がなくても、後払いで買うことができる便利なカードです。利用代金の請求はクレジットカード会社が行い、利用者の口座から後日引き落とされた代金は、クレジットカード会社を通じて店側に支払われます。
即時払いのデビットカード、事前チャージが必要なプリペイドカードは1回払いのみなのに対して、クレジットカードは分割払い、リボ払いなども可能ですが、カードを持つ人の信用によって成り立つため、加入に際しては審査が行われます。
クレジットカードを持つとどのようなメリットがあるのか、逆にどのような点に注意したらいいのか、見ていきましょう。

1枚あればこんなに便利

クレジットカードが1枚あると、生活のさまざまな場面で便利に使えます。
スーパーや百貨店、家電量販店などの店頭や、インターネットでの買い物だけでなく、ガス代や電気代など公共料金ほか、携帯電話の支払いなどでも使えます。
クレジットカードのメリットとしては、次のような点が挙げられます。

・多額の現金を持ち歩く必要がない

クレジットカードの最も便利な点は、手持ちの現金がなくても後払いで買い物ができることです。高額商品を買うために多額の現金を持ち歩く必要もなく、買い物のたびにATMなどで現金を引き出す手間もかかりません。

・ポイントがたまる

使った金額に応じて、ポイントがたまる点もクレジットカードの大きなメリットです。たまったポイントは、商品券や景品との交換、電子マネーへのチャージなどのほか、お申し込みのポイント数から換算した金額を、毎月のカードのご利用金額からマイナスすることもできます。ポイント還元率や利用方法はカード会社ごとに異なります。また、ポイントの代わりに、マイルがためられるカードもあります。

・利用代金明細をインターネットやアプリで確認できるため家計管理に便利

現金での支払いの場合、月ごとの支出をきちんと管理するためには自分で家計簿をつけなければなりません。一方、クレジットカードは、月ごとの利用代金明細やたまったポイントをインターネットやアプリでいつでも確認できます。

・利用特典や付帯保険などのサービスが受けられる

クレジットカードによっては、特定の店舗での割引や空港ラウンジの無料利用、特定施設の優待など各種特典ほか、海外旅行傷害保険やショッピングガード保険など付帯保険のサービスが受けられる点もメリットです。

注意点も理解しておこう

クレジットカードを持つときに知っておきたい注意点についても紹介しましょう。

・利用限度額が決められている

クレジットカードには、「ショッピング枠:50万円」など、事前に決められた利用限度額があり、つい買い物をし過ぎて限度額を超えてしまうと一時的にカードを利用できなくなることもあります。カードの種類によって限度額の上限は異なるため、所持するカードの上限がいくらなのかは常に意識しておく必要があります。なお、限度額を超えても、利用金額を支払えばまた利用できるようになります。

・キャッシング機能がある

クレジットカードには、ショッピング枠と連動したキャッシング枠も設けられています。急に現金が必要になったときにコンビニや銀行のATMから現金が引き出せる点はメリットといえるでしょう。その一方で、キャッシングの利用には金利が発生するため、借りた金額以上の金額を返済しなければならない点は、デメリットとして押さえておいた方がいいでしょう。便利さからついつい使い過ぎてしまう場合がある点にも注意が必要です。

・個人情報の漏洩や不正利用に注意する

クレジットカードには重要な個人情報が含まれており、紛失や盗難、スキミング、情報漏洩などによる不正利用のリスクがあります。リスクを回避するためには、紛失や盗難に気をつける、怪しいサイトでのショッピングは避ける、「クレジットカードショッピング枠の現金化」など会員規約に違反する行為は行わないなど、個人が注意することも大切です。その一方で、個人では防ぎようのないリスクもあるため、セキュリティー機能やトラブル時の補償・対応が充実しているカードはどれなのかに注目するのもおすすめです。

クレジットカードについて、さらに詳しく知りたい方は、以下の記事も参考にしてください。

参考記事:

初めてのクレジットカード~クレジットカード基礎知識

クレジットカードの種類を知ろう

クレジットカードの種類を知ろう

クレジットカードには多くの種類がありますが、わかりにくいのが「国際カードブランド」と「カード発行会社」の違いです。サービスの内容にも関係してくるところですから、この2つを混同してしまわないように、それぞれの違いをきちんと知っておきましょう。
ここでは、国際カードブランドとカード発行会社の紹介に加え、カードのステイタス(ランク)について紹介します。

世界で通用する国際カードブランド

国際カードブランドとは、世界中でクレジットカード決済ができる「システムを提供している」会社のことです。通常はVisa、Mastercard、American Express、Diners Club、JCBの5つを指し、「5大国際ブランド」といわれています。JCBは唯一、日本発の国際ブランドとしてその一角に含まれています。また、最近では、この5社に銀聯(ぎんれん)とDiscoverを加えた「7大国際ブランド」ともいわれます。

国際カードブランドは、あくまで「システムを提供している」会社ですから、必ずしも自社でクレジットカードを発行しているわけではありません。例えばJCBやAmerican Expressは、自社で発行しているクレジットカード(プロパーカード)があります。一方、Visaはクレジットカードの発行業務を行わず、クレジットカードの発行会社にライセンスを供与する形をとっています。
つまり、クレジットカードを使う場合、必ず国際カードブランドを利用することになるのです。

種類が豊富なクレジットカード発行会社

クレジットカードの発行会社は「イシュア」とも呼ばれ、カードの発行業務を行います。クレジットカードの発行会社はいくつかの系統に種類が分かれており、それぞれに特徴があります。

・銀行系

クレジットカードの発行会社には、メガバンクや地方銀行、信用金庫など、銀行系の企業があります。銀行系が発行するクレジットカードは、お支払い口座を発行元の金融機関に指定すると、ATMの手数料が優遇されるなどの特典があります。

・信販系

クレジットカードの発行会社には、信販系企業もあります。日本におけるクレジットカードの発行初期からの歴史がある信販系企業が発行するクレジットカードは、さまざまなサービスを提供するカードが多数発行されています。

・流通系

クレジットカードの発行会社には、百貨店やスーパー、コンビニなどの流通系企業もあります。流通系が発行するクレジットカードは、年会費無料のケースが多いです。また、発行企業の店舗で利用すると、ポイント還元率が優遇されるなどの特典があります。

クレジットカードのステイタス

クレジットカードは、いくつかのステイタスにレベルが分かれており、ステイタスが上がれば上がるほどサービスの内容は手厚くなります。ステイタスの高いクレジットカードは、サービスの内容に伴い年会費も高くなります。
ここでは、クレジットカードのステイタスの違いについて、簡単に説明しておきましょう。

・一般カード

最もスタンダードなステイタスのクレジットカードが一般カードです。さまざまなニーズに対応するため、種類が豊富で、ユニークな特徴を持ったクレジットカードも数多くあります。上位ステイタスのクレジットカードと比較するとサービスの内容は控えめですが、年会費は無料というクレジットカードも少なくありません。
基本的なサービスを十分押さえた、バランスの良いクレジットカードといえるでしょう。

・ゴールドカード

一般カードの上位ステイタスのクレジットカードがゴールドカードです。空港のラウンジを無料で利用できたり、海外旅行傷害保険の補償額が高額であったりします。また、国内外のホテルで優待サービスを受けられるなど、旅行関連のサービスが充実しています。

・プラチナカード

ゴールドカードの上位ステイタスのクレジットカードがプラチナカードです。専用のコンシェルジュサービスなど、ゴールドカード以上に充実した手厚いサービスが受けられます。以前は、ゴールドカード会員のなかからの招待制である場合が多かったのですが、現在では招待が不要なプラチナカードも増えています。とはいえ、簡単に持てるものではなく、それだけにステイタスの高いカードといえます。

・ブラックカード

クレジットカードのなかで、最上位のステイタスのカードがブラックカードです。カード会社によって名称はさまざまですが、招待制をとっており、「限られた人のための限られたカード」と呼ぶにふさわしいサービスを受けられます。

さらに詳しく知りたい方は
こちら

クレジットカード選びのポイント

クレジットカードにはさまざまな種類があることがわかりましたが、数が多過ぎて、何を基準に選べばいいのか悩む方も多いのではないでしょうか。
ここでは、クレジットカードを選ぶ際のポイントとなる項目について解説します。

・年会費は無料か否か

年会費は無料から年に数万円以上のものまでさまざまあります。初めて持つ方には、年会費無料がおすすめですが、無料にも「初年度のみ無料」「永年無料」「キャンペーン時のみ無料」などいろいろあるので、よく確認しましょう。

・ポイント還元率&ポイントの移行ができるか

ポイント還元率は、0.5%、1%、1.25%などカードによってさまざまです。特定店舗の利用で還元率が上がるカードもあるため、ポイントをためたい方は還元率に要注目です。ただし、利用方法は、「商品券との交換」「現金として使用可能」などカード会社ごとに異なります。また、たまったポイントの移行ができるかどうかなど、使い勝手も含めて確認するといいでしょう。

・旅行傷害保険の付帯サービスがあるか

旅行をよくする方なら、保険の付帯があるカードを選ぶと便利です。多くは海外旅行傷害保険ですが、なかには国内旅行傷害保険を付帯しているカードもあります。また、補償額はカードの種類によって異なり、保険適用の方法は、クレジットカードを持っているだけで保険が適用される「自動付帯」とクレジットカードで旅行代金などを支払った場合のみ保険が適用される「利用付帯」の2種類あります。

・電子マネーとの連携ができるか

キャッシュレス化が進むなか、クレジットカードと電子マネーを使い分けている方もいるのではないでしょうか。クレジットカードのなかには、特定の電子マネーへのチャージでポイントがたまるものや、電子マネーとセットになったカードもあります。電子マネーとの連携ができるかという観点で選ぶ方法もあります。

・ステイタス重視など目的に合ったものを選ぶ

クレジットカードを持つ目的や使用場面、頻度は人それぞれです。よく行く店で使いたいのか、マイルをためたいのか、利用限度額やサービスが充実しているワンランク上のカードがいいのか、目的をはっきりさせて選ぶことも大切です。

ポイントがたまりやすいクレジットカードについて、詳しく知りたい方は、以下の記事も参考にしてください。

参考記事:

ポイントがおトクにたまるクレジットカード特集

クレジットカードの申し込み方法

クレジットカードを初めて申し込む方に向けて、ここからは、申し込みの際に必要なものや手続きの流れ、審査について紹介します。

申し込みに必要なものと手続きの流れ

クレジットカードを申し込む際に必要な書類と手続きの流れを見ていきましょう。事前に準備しておくと申し込みがスムーズに進みます。

<必要書類>

  • 利用代金の引き落とし口座/銀行口座や郵便貯金口座が必要になるため、口座がない場合は新しく作っておく必要があります。口座がいくつかある場合は、給与口座と同じにしておくと、振り替え忘れなどが防げます。
  • 本人確認書類/運転免許証やパスポート(※)、マイナンバーカードなど写真入りの書類が必要です。インターネットからの申し込みでは、確認書類が不要になる場合もあります。その際は、キャッシュカードの暗証番号や通帳を手元に準備しておきます。
  • 未成年の場合は保護者の同意が必要/クレジットカードは「満18歳以上」でないと申し込めません。また、「18歳以上20歳未満」の場合は、電話または書類の郵送などによって保護者の同意を確認する必要があります。
  • ・2020年2月4日(火)以降に申請されたパスポートの住所欄は緊急連絡先のみの記載のため、本人確認書類としてお取り扱いできません。
    ・パスポートは日本国で発行されたものに限ります。

<申し込みの流れ>

インターネットのみでの申し込み手順

本人情報を入力
本人確認方法を選択
入会審査・クレジットカード発行
クレジットカード郵送

インターネット+郵送での申し込み手順(インターネットのみの場合より手間と時間がかかります)

インターネットで本人情報を入力
本人確認の方法で「郵送」を選択
届いた書類に必要事項を記入して本人確認書類と一緒に発送
入会審査・カード発行
カード郵送

いずれの場合も、カードが届いたら、「クレジットカードの種類」「氏名などの記載内容」「利用限度額」「有効期限」などの確認を行い、クレジットカードの裏面に署名するのを忘れないようにしましょう。

なお、必要書類や申し込み手順はだいたい共通していますが、カード会社によって細かい点が異なるため、実際に申し込む際は、WEBサイトなどで事前に確認することをおすすめします。

クレジットカードの審査は何をするの?

クレジットカードに入会する際は、カード会社による所定の審査が行われますが、審査内容の詳細は開示されていません。一般的には、入会基準を満たしているか、あるいは、申請者にとって支払いに無理がない利用限度額はいくらなのかなどについて検討されます。カード会社によっては、本人の申し込みであることを確認するために、勤務先などへの在籍確認が行われる場合もあります。

一般カードよりステイタスの高いカードに入会したい方は、より審査が厳しいのかどうか気になるのではないでしょうか。例えば、ゴールドカードは一般カードよりステイタスが高いものの、決して敷居の高いカードというわけではありません。
JCBのゴールドカードは、特別な招待がなくても申し込むことができ、申し込みの際に提出する書類も一般カードと同様です。

JCBでおすすめのクレジットカード

自分に合ったクレジットカードを探すには、自分のライフスタイルや趣味、行動パターンのほか、どのような目的でクレジットカードを使う機会が多いかを考えてみることがポイントです。
ここでは、いくつかの利用目的別に、最適なクレジットカードを紹介します。

ネット通販をよく使う人には

JCB カード W/WplusL

18歳以上39歳以下でネット通販をよく使う方なら、常に2倍という高いポイント還元率の「JCB カード W」がおすすめです。また、「JCB ORIGINAL SERIESパートナー」のお店で買い物をすると、Oki Dokiポイントが通常よりたまる対象カードでもあります。さらに、インターネット通販のポータルサイト「Oki Doki ランド」を利用することで、最大20倍と大幅なポイントアップを狙えます。

ディズニーが大好きな人には

ディズニー★JCBカード ミッキーマウス(キャッスル)

ディズニーが大好きな人には、ミッキーマウス、ミニーマウス、ドナルドダック、アリエルなど、おなじみのキャラクターをあしらった券面の「ディズニー★JCBカード」がおすすめです。クレジットカード利用のたびにたまるディズニーポイントは、パークチケットやディズニーグッズに交換できるほか、パークや全国のディズニーストア、ディズニー公式オンラインストアshopDisney(ショップディズニー)での買い物にも利用できます。さらに、非売品グッズのプレゼントや完全貸切のスペシャルパーティーといった特典が満載です。

  • 特典は、予告なく変更・休止する可能性があります。

海外旅行が好きな人には

JCBゴールド(ORIGINAL SERIES)

海外旅行が好きな人には、JCBのプロパーカードである「JCBゴールド」「JCBプラチナ」がおすすめです。最高1億円の旅行傷害保険が付帯しており、海外での利用分はWEB明細サービス「MyJチェック」の登録でポイント2倍です。海外旅行の際に保険を別に契約する必要がなく、利用でもおトクなカードとなっています。

スーパーやコンビニ、家電量販店をよく使う人には

JCB一般カード

スーパーやコンビニ、家電量販店をよく使う人には、JCBのプロパーカードである「JCBオリジナルシリーズ」がおすすめです。セブン‐イレブンはJCB ORIGINAL SERIESパートナーで、店舗でクレジットカードを利用すると、獲得ポイントが3倍にアップします。ビックカメラもJCB ORIGINAL SERIESパートナーで、利用金額に対して通常の2倍のポイントを獲得できます。

飛行機をよく使う、マイルをためたい人には

ANA JCBカード

飛行機をよく使うなど、マイルをためたい方には、「ANA JCBカード」がおすすめです。ANAグループと提携航空会社の利用でマイルがたまります。また、通常のお買い物に加え、ホテルやレンタカー、ネットショップ、レストランなどの提携パートナー店舗の利用でも追加でマイルが加算されます。搭乗手続き不要で直接保安検査場に向かえるスキップサービスが使えますので、スムーズに搭乗できます。

おトクなクレジットカードを作りたい学生には

クレジットカードの申し込み条件は「18歳以上」です。この条件をクリアしている大学生・短大生・専門学校生であれば、学生の方でもクレジットカードを持つことができます。「JCBカードW」「JCBカードW plus L」は年会費無料で、ポイントは常に2倍、さらにポイントが10倍になる特典もあるなど学生におすすめのカードです。そのほか、学生時代に海外旅行を計画している場合は、在学期間中は年会費が無料、マイルがたまる、海外旅行傷害保険が付帯している「ANA JCBカード」「JALカード navi」も向いています。

自分にぴったりのクレジットカードを探したい方は、以下の記事も参考にしてください。

参考記事:

「女性にうれしいカード特集」

「新社会人向けカード特集」

「おすすめゴールドカードを徹底比較!メリットとポイント還元率は?」

クレジットカードとセキュリティー

クレジットカードを持つ際の注意点として、個人情報の漏洩や不正利用のリスクがあると先述しましたが、クレジットカードには不正利用を防ぐいくつかの仕組みがあります。ここでは、クレジットカードのセキュリティーについて紹介します。

クレジットカードの暗証番号とセキュリティコード

店舗でのショッピングとネットショッピングでは、セキュリティー対策が異なります。

・店舗での決済は暗証番号を入力

磁気ストライプのみのクレジットカードでスキミング被害が多発したため、現在はよりセキュリティーの高いICチップ付きカードが普及しています。それに伴い、本人確認の方法が、サインから暗証番号の入力へと変更になっています。なお、少額の場合に限り、暗証番号の入力が不要の場合もあります。

・ネットショッピングではセキュリティコードを入力する

ネットショッピングの決済処理では、クレジットカード番号とは別に、カード裏面にある3桁のセキュリティコードを入力して本人確認を行います。
最近は、「3Dセキュア」の仕組みを使った本人認証サービスもあります。これは、決済時にあらかじめ登録したパスワードを入力して本人確認を行うもので、システムの呼び名はカード会社ごとに異なります。使用するためには、事前にパスワードを登録する必要があり、「3Dセキュア」に対応したネットショップでのみ利用が可能です。

クレジットカードの不正利用を防ぐには

万が一、クレジットカードを不正利用された場合、すぐにカード会社に連絡する必要があります。調査の結果、不正使用と判明すれば、請求を取り消してもらうことができます。
しかし、不正利用されないためには、利用者側も心がけておいたほうがいいこともあります。以下に挙げたので参考にしてください。

  • ICチップ付きのカードを選択すること(磁気ストライプの場合は、切り替え時期を要確認)
  • 暗証番号を設定する際は生年月日や電話番号などは避ける
  • 暗証番号や「3Dセキュア」のパスワードは人に教えないこと
  • 利用代金明細書をきちんと確認し、使った覚えのない請求があったらすぐにカード会社に連絡する

また、ネットショッピングの際は、利用するサイトが安全であるかどうかを確認することも重要です。クレジットカードの番号など、決済情報を入力する画面のURLが「https://~」となっているか、あるいはブラウザに鍵のマークがあるかなどを確認しましょう。

自分のライフスタイルに合ったクレジットカードを見つけよう

クレジットカードの使い方はさまざまで、どんな機能を求めるかも人によって違います。そうした幅広いニーズに応えるために、カード会社は多種多様なクレジットカードを用意しています。
今回紹介したクレジットカードのなかには、あなたにピッタリのカードがあるかもしれません。あなた自身のライフスタイルに合った1枚を選んでください。

ファイナンシャルプランナー 加治直樹

監修者 : ファイナンシャルプランナー 加治直樹

<プロフィール>
1級ファイナンシャル・プランニング技能士及び特定社会保険労務士。銀行に20年以上勤務。銀行員時代は、融資の支店責任者として、不動産融資から住宅ローンの審査、資産運用や年金相談まで幅広く相談業務などをこなす。現在は労働基準監督署で、会社及び労働者の相談を受けつつ、企業の銀行対応まで幅広くコンサルティング業務を行う。

この記事に関連するカード

Web入会限定の年会費無料カード「JCB カード W / JCB カード W plus L」

< >
JCB カード W

・ポイントは常に2倍以上の高還元率を実現!
・インターネットショッピングでは、最大20倍のポイント付与!
・年会費永年無料!
・顧客満足度No.1の評価を獲得!

JCB カード W plus L

・ポイントは常に2倍以上の高還元率を実現!
・インターネットショッピングでは、最大20倍のポイント付与!
・年会費永年無料!
・顧客満足度No.1の評価を獲得!

ページの先頭へ